アイキャッチ画像

とっとこから11ヶ月! ダンジョン探索RPGアプリ『ここっとダンジョン』超クオリティで登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年12月08日]

ss008
ss001全世界の『とっとこダンジョン』&room6ファンの皆さんに嬉しいお知らせです! 2015年12月7日、待望の新作アプリ『ここっとダンジョン』がリリースされました!

APPREVIEWでも何度か取り上げてきたroom6。代表の木村氏はアプリマーケティング研究所のインタビュー記事が大きな反響を呼びましたが(リンク下部)、肝心のアプリはなかなかヒットしませんでした。

面白いけど「ひき」が弱い。数多のアプリの中で埋没してしまう。木村氏はプレイヤーの意見を真摯にとりいれ、精力的にインディーゲームイベントに参加し、ついにこのたび『ここっとダンジョン』のリリースにいたったわけです。『ここっと』は事実上『とっとこ』の続編といえるゲームです。ストーリーはまったく違いますが、ゲームシステムはほぼ同じ。プレイヤーは、オートで走り回る主人公に時折指示を与え、ダンジョン中に散らばった宝箱を蒐集します。しかしクオリティは段違いにアップ、やり込み要素も前作を大幅に上回っています! なにより主人公のココとユニがめちゃくちゃかわいい。ダンジョンには興味が無いという方でも、ココとユニは一見の価値ありです。四の五の言わずにDLしてみてください。かわいい女の子(あほの子&ツンデレ)と一緒にダンジョン探索できるって最高です!

▼関連記事
『とっとこダンジョン』のダウンロード数を増やしたい!「room6」インタビュー
ゲイムマンのおもしろゲーム発掘調査~アップデートで遊びやすくなった『とっとこダンジョン』
豪華プレゼントキャンペーン実施中!『とっとこダンジョン』
room6 記事一覧

冒険家の父を探して、ココとユニは旅立つ

ss002 ss003
ココの父親は冒険家でした。平和に暮らしていたある日、ココの父親が行方不明になってしまいます。残されたノートを頼りに、ココは父親を探す冒険に出ると決めました。

ss004 ss005
父のノートに記された宝物を集めながらダンジョンを探索しようと決意するココ。彼女の前に現れたのは、口調が妙にツンツンした幼馴染のユニ。ユニはココを家に帰そうとします。その気持ち、わかります。だってココはなんだかほんわかした性格で、ぬけてるというか、とにかく心配になるんです。ツンケンした態度の裏側にはココを思いやる気持ちが隠れてるんですよね。ツンデレ乙! イラスト情報のみだとココが好みだったのですが(だって髪の毛ピンクだし、ツインテールだし)ユニもいいね。まどかのことを思って冷たい態度をとったほむらちゃんがかわいいみたいなアレです。2人ともかわいいなあ、もう!

前作(とっとこ)では、ストーリーパートもドット絵で表現されていたのですが、普通の2Dイラストだと見栄えが段違いによくなりますね。デザイナーさんGJ! アンブレラも好きなので、どうせならリメイク……工数がかかりすぎると思うので、『ここっと』にゲスト出演してくれないかな……。絶対通常頭身のアンブレラちゃんかわいいですよ。

操作が超快適!

ss006 ss007
基本的に、主人公のココはオートでダンジョンをかけめぐります。放置しておいてもHPが尽きない限りは、自動的にゴールにたどり着きます。戦闘もすべてオートです。最初にプレイヤーがすべきなのは「見てるだけ」です。

ss008 ss009
しかし、ダンジョンに散らばった宝箱は、オートモードではすべて取得できません。そのためにUターンや階段スルーなどのスキルをゲットし、しばしばココの進行方向を変えてやる必要があります。

ss011 ss010
初めて挑むダンジョンは、とにかく眺めることに徹しましょう。一度でもクリアすると、ダンジョンの全体図が見られるようになります。2回目からはココに指示を出して、すべての宝箱を回収するようにしてください。ステージ選択画面や、プレイ画面の左上に、宝箱の回収率が表示されています。

ss012 ss013
なにも操作せずに階段にぶつかった場合、ココは必ず上り下りします。階段をあえてスルーしたり、方向転換することによって、ルートが分岐し、隠れた宝箱に到達できるというわけです。また水中ステージでは、息が続かなくなるとココが死んでしまいます。息つぎができるアイテムは絶対に必要です。

1度に装備できるアイテムは2つまでなので、かならずしも1周ですべてのアイテムが集まるとは限りません。宝箱取得率100%を目指して、何度でも同じステージを周回してみてください。

前作からの一番の改善点は、主人公の移動速度がやや遅くなったことです。前作のアンブレラはあまりにも移動速度がはやすぎて、難易度が鬼だったんです。今作はココの動きがしっかり目で追えますし、マップの全体図も見られるので難易度が下がりました。そのかわり、頭を使わないと取得できない宝箱が増えました。自分で考えて遊べるので楽しいです。

やりこみ要素もたっぷり

ss014 ss015
前作と比べて大幅にパワーアップしたのがやり込み要素(コレクション要素)。ダンジョンを探索して埋まるものもあれば、「いにしえ亭」に行って、チケットやゴールド(探索すると手に入ります)で宝箱を購入して集めるものもあります。

ss016 ss017
お父さんの冒険日誌は宝箱をオープンすると埋まっていきます。1つめのロボットって……これ、ガンプラですよね(笑)「シリーズ天下五剣」も、5枠じゃなくて9枠あるのが地味に気になります(笑)シルエットから察するに日本刀と槍があるのかな? ほかにもコレクションはたくさんあるので、コンプリートするまでにはまだまだ時間がかかりそうです。

『とっとこ』から『ここっと』まで約11ヶ月待たされましたが、その分ボリューム満点・ハイクオリティになったので、満足です。待ったかいがありました。むしろ1年かからず、これだけのクオリティアップが図られたのはすごいことだと思います。クレジットが「room6&UUUM」となっているので、これからYouTuberとのタイアップ動画がアップされるかもしれませんね。すっごく楽しみです!

▼関連リンク
room6
cocottedungeon(ここっとダンジョン)
「夢だったゲームアプリ開発。700万円かけて売上14万円でゾンビ化」京都のアプリ開発者「room6」が語るアプリビジネスの厳しさ。(アプリマーケティング研究所)
@sin_mis(room6デザイナー)

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

ここっとダンジョン

配信元:room6

Android価格:無料

  • バージョン Android:1.0.1.2

Androidアプリのアクセス内容

アプリ内購入
ID
この端末上のアカウントの検索
連絡先
この端末上のアカウントの検索
画像/メディア/ファイル
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
USB ストレージのコンテンツの読み取り
ストレージ
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
USB ストレージのコンテンツの読み取り
その他
インターネットからデータを受信する
ネットワークへのフルアクセス
ネットワーク接続の表示
音声設定の変更
端末のスリープの無効化
バイブレーションの制御

※記事内の情報はすべてレビュー時(2015年12月08日)の情報です。

PageTopへ