アイキャッチ画像

グリーがスマホ向けVRゲーム市場に乗り出す!『シドニーとあやつり王の墓』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年11月10日]

グリーは、同社プレスリリースで、バーチャルリアリティコンテンツ市場への参入を目的とした新スタジオ「GREE VR Studio」の設立を発表しました。

フィーチャーフォン時代にゲームプラットフォームとゲーム開発で隆盛を極めたグリーが、急成長中のVRゲーム市場に本格的に参入するとのことです。

そこで今回の記事では、グリー謹製VRタイトル第一弾『シドニーとあやつり王の墓』をレビューしていきます!!

コレがグリーのVRゲームだ!!

IMG_1401

アプリを起動すると、表示モードを選択できます。

一眼用のVRゴーグルやスマホ単体は「一眼モード」

一眼用のVRゴーグルやスマホ単体は「一眼モード」

Cardboardなどは「二眼モード」

Cardboardなどは「二眼モード」

表示モードは、一眼用のVRゴーグルやスマホ単体対応の「一眼モード」か、Cardboardなどに対応の「二眼モード」が用意されています。VRを体験するためには、Cardboardやハコスコ対応の「二眼モード」を使う必要があります。

※Cardboardやハコスコについての解説記事はコチラをチェック!!

遺跡から脱出しよう!!

ゲームを開始するとムービーが始まります。

基本的にスマートフォンのVRゲームは、画面をタップする事が難しいためタップ操作はなし、または最小限に抑えた設計になることが不通です。シドニーとあやつり王の墓はタップ操作が不要の設計になっています。

ストーリーは古代の遺跡に探検しにきた少女が不思議な力によって遺跡に閉じ込められる事から始まります。プレイヤーは魔法の杖を操作してこの遺跡から脱出しましょう!!

VRなので自分の視点に合わせて360度回転する。

VRなので自分の視点に合わせて360度回転する。

このアプリはタップ操作は必要が無い。

タップ不要の設計になっている。

遺跡の奥に進んで行くと、魔法の力によって呼び起された敵モンスターがプレイヤーの行く手を阻んでくるので撃退しましょう!! 敵モンスターには、画面中央に出現するカーソルを敵に一定時間合わせる事で攻撃できます。ただし敵モンスターは360度全方向からやってくるので、自分自身も360度見回して上手く立ち回りましょう。

敵モンスターは中央に表示されるカーソルを使って攻撃しよう!!

敵モンスターは中央に表示されるカーソルを使って攻撃しよう!!

敵にカーソルを一定時間合わせ続ける事で攻撃できる!

敵にカーソルを一定時間合わせ続ける事で攻撃できる!

敵は360度全ての方向からやってくる!!

敵は360度全ての方向からやってくる!!

そして最深部まで進むとボスが登場します! 脱出するまで、後もう少し!頑張りましょう!!

最深部まで進むと、、、。

最深部まで進むと、、、。

ボス登場!!

ボス登場!!

おもしろいけどめっちゃ酔う

まずは、このゲームをプレイしている筆者の様子をご覧ください。

感想:「めっちゃ酔うやんけ、、、。」

これまで多くのOculusなどのVRゲームを経験してきた筆者でさえ、このゲームはかなり酔いました。

VR酔いをする事は、それだけ没入感を体験させる事ができるゲームと言えますが、今回のゲームはせわしなく360度から敵が襲ってくるため、体を回転させながらプレイする必要があり、その行為がVR酔いを助長している原因だと感じました。

VRゲームにとって「VR酔い」は、ゲームデザインに深く関わる問題なので、今後、グリーがどのように対策してくるか期待したい所です。

▼参考リンク
グリー、バーチャルリアリティコンテンツ市場への参入を目的とした新スタジオ「GREE VR Studio」を設立
Gif作成アプリ『GifLab』

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

シドニーとあやつり王の墓

配信元:GREE, Inc.

Android価格:無料 / iOS価格:無料

  • バージョン Android:1.01 / iOS:1.01

Androidアプリのアクセス内容

画像/メディア/ファイル
USB ストレージのコンテンツの読み取り
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
ストレージ
USB ストレージのコンテンツの読み取り
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
その他
NFC の管理

※記事内の情報はすべてレビュー時(2015年11月10日)の情報です。

PageTopへ