アイキャッチ画像

【クラッシュフィーバー】第3回:次なる課題はパーティー選び?「16.H&Gスイートハウス」に挑戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年11月10日]

Screenshot_2015-11-05-16-01-51_110515_042304_PM
Screenshot_2015-11-05-16-23-49_110515_042417_PMどーも、みなさんこんにちは!! 最近めっきり寒くなってきて、いよいよ冬になってきたと感じる時期になってきましたね。みなさんは冬物の服を揃えたり、乾燥対策に加湿器を用意したりと、冬に備えての準備は終わりましたか?? ちなみに僕はまだまだ……。しかも、寒いのが苦手なので、出来ればこのまま冬眠してしまい気分です(笑)。

そんなことはさておき、今回も外の寒さに負けないぐらい今熱いゲーム!!『クラッシュフィーバー』の攻略を進めて行きたいと思います。

前回やっとのことで攻略にまでこぎつけた15層の「ハイサイスタジアム」、そこでスキルコンボの重要性を気付かされました。これをうまく活用してこれからの攻略は「さくさくプレー」を目標にして行きたいと思います。

パーティー選びが攻略の肝!?

Screenshot_2015-11-05-15-34-56_110515_042227_PMはい、それではいよいよ第16層「H&Gスイートハウス」に挑戦して行きたいと思います。まず「H&Gスイートハウス」の特徴は、これまでのクエストで支流だった、単色の敵しか出てこないステージとは違い複数の色の敵が出てくるところにあります。複数の混合で敵が現れるのでこれまでの単色パーティーでいけば勝てるわけではない所が肝です。

そこで僕も少しだけパーティーを作り変えてきたので紹介します。

Screenshot_2015-11-05-16-01-51_110515_042304_PM今回のパーティーのコンセプトはずばり、バランス型ということを意識しています。内訳としてはバランス型でどのステータスも万遍なく高いアストライアー、非常に高い体力が特徴で前回から続投の近藤勇、全体に大きなダメージを与えられるスキルを持つフォルネウスの3体となっています。

いざ、ダンジョンへ!

Screenshot_2015-11-05-16-09-52_110515_042243_PMパーティーも決まったところで、早速ダンジョンへと挑戦!!

見た目はスイートハウスという名前の通り各所にお菓子が散りばめられた可愛らしいステージ。出てくる敵キャラクターもこころなしか可愛く見えてきます。

されど、そこは流石に16層の敵、すぐさま体力を削りきられてしまうので油断は禁物ですよ(笑)。

そして目標通りサクサク?? 進んでやっと最終ダンジョンへ! 最終ダンジョンということもあってモブの強さも一味違う印象です。
Screenshot_2015-11-05-16-33-31_110515_043827_PMScreenshot_2015-11-05-16-34-37_110515_043808_PM

少しきつい思いをしながらなんとかボスのもとへ。今回のボスはヨルムガント、一発で7,000ダメージの強力な攻撃を放ってくるので要注意です。周りのモブも体力が高く危険なので、そちらも注意を忘れず行きましょう。
Screenshot_2015-11-05-16-36-31_110515_043851_PMScreenshot_2015-11-05-16-36-59_110515_043836_PM

スキルのコンボでダメージを蓄積したら、フィーバーを活用して一気に攻勢をかけてなんとかクリア出来ました。

いかがでしたか!? 今回はパーティー選びの大切さを再度学べ、サクサクといいつつ2度ほど全滅しまったのもいい教訓になりました(笑)。みなさんもぜひ自分のパーティーを見返して見てくださいね。思わぬ改善点が見つかるかもしれませんよ。

それではまた次回でお会いしましょう。

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

クラッシュフィーバー

配信元:Wonderplanet Inc.

Android価格:無料 / iOS価格:無料

  • バージョン Android:1.1.5.1 / iOS:1.1.5.1

  • 備考

    ゲーム内課金有り

Androidアプリのアクセス内容

ID
この端末上のアカウントの検索
連絡先
この端末上のアカウントの検索
位置情報
正確な位置情報(GPS とネットワーク基地局)
おおよその位置情報(ネットワーク基地局)
その他
インターネットからデータを受信する
ネットワークへのフルアクセス
この端末上のアカウントの使用
ネットワーク接続の表示
端末のスリープの無効化
バイブレーションの制御
起動時の実行

※記事内の情報はすべてレビュー時(2015年11月10日)の情報です。

PageTopへ