アイキャッチ画像

瀬戸弘司オリジナルキャラ登場!ボタン連打でメロディが生まれる『ぷーんジャンプ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年9月16日]

ss004
ss001RucKyGAMES最新作アプリ『ぷーんジャンプ』が2015年9月14日リリースされました。

UUUM所属のYouTuber瀬戸弘司さんとのコラボ作品で、主人公の「ぷーん」は瀬戸さんの考えたオリジナルキャラクターです。「ぷーん」や「たまご」「にんじゃ」をつかって音符を集め、メロディをかなでましょう。

▼関連記事
【9月30日まで】『王国の道具屋さん』『新宿ダンジョン』などPUMO全4タイトル半額セール実施
群がってくる棒人間が邪魔だから吸いこんじゃえ!『パワースポット一網打尽』
ゲイムマンのおもしろゲーム発掘調査~で、結局シカマゴって何?『シカマゴ ~魚料理と相性が良い~』

ジャンプボタンをタップして音符を集めよう

ss002 ss003
プレイヤーは画面下部の「ジャンプ」ボタンをひたすらタップします。ジャンプボタンをタップしている間は、繋がっている扇風機が稼働します。扇風機に煽られて「ぷーん」が上空へ舞い上がります。タップを止めると落ちてきます。

ss004 ss005
ステージは赤いトゲトゲと音符マークで構成されています。赤いトゲにキャラクターがふれてしまうとゲームオーバーになります。タップでキャラクターの位置を調整しながら、なるべくたくさんの音符をとるようにして進みましょう。音符をとると音が出るので、上手に進んでいくと独特のメロディラインができあがります。

たまごは飛びにくい、にんじゃは操りやすい

ss006 ss007
キャラクターは「ぷーん」「たまご」「にんじゃ」の3種類ですが、それぞれ特性があります。「たまご」はジャンプを連打してもなかなか飛んでくれません。かわりに画面の中ほどまで飛び上がると、そこからは1タップでかなり上まで飛ぶようになります。画面上部にある音符を取るには楽ですが、いったん下まで降りてきてしまうとなかなか再浮上できません。上級者むけのキャラクターです。

一方「にんじゃ」は「ぷーん」と似たような使い心地で、強い癖はありませんが、強いていうなら飛び上がるときも落ちてくるときもゆっくりしている(ような気がする)ので、初心者にオススメのキャラクターです。

タップするだけのゲームですがなかなか長距離を飛び続けることは難しく、また、音符を取得するとメロディができあがるので、シンプルにみせかけて奥深いゲームです。

▼関連リンク
RucKyGAMES
UUUM(ウーム)

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

ぷーんジャンプ

配信元:RUCKYGAMES CO., LTD.

Android価格:無料 / iOS価格:無料

  • バージョン Android:1.0.0 / iOS: 1.0

Androidアプリのアクセス内容

その他
ネットワークへのフルアクセス
ネットワーク接続の表示

※記事内の情報はすべてレビュー時(2015年09月16日)の情報です。

PageTopへ