アイキャッチ画像

リアルな演算と美しいヴィジュアルが魅力の宇宙創造シミュレーションゲームアプリ『地球エディター』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年9月17日]

Screenshot_2015-09-14-12-14-52聖書においては神は6日で宇宙を創造したとされていますが、10分程度で創造できてしまうのがこの『地球エディター』。無料ゲームサイト『ダンボール』で人気の宇宙創造シミュレーションゲームがAndroidアプリとなってリリースされました。

15種類の物質を使った物理演算ゲーム

最初は何もない、真っ暗な宇宙です。真ん中に星のような小さな白い点があり、これが重力点になっています。
Screenshot_2015-09-14-11-51-31
Sand(砂)、Water(水)、Fire(火)、Seed(種)、Lava(マグマ)など、15種類の物質があり、選択して適当に暗闇をタップすると重力点に物質の粒子が集まります。
Screenshot_2015-09-14-12-23-11
重力点の周りを円を描くようになぞることで球体ができます。
ブラックホールを選択して新たな重力点を作れば、複数の惑星を作ることができます。
Screenshot_2015-09-14-12-14-52
マグマと水をぶつけると溶岩になったり、オイルと火をぶつけると大きく燃え上がったり、砂の上に種を蒔くと植物が育つなど、物質それぞれが作用して面白いです。
Screenshot_2015-09-14-11-51-20
設定で粒子の大きさやスピード、方向などを変えることもできます。

宇宙の神秘的な美しさ

頭の片隅から高校時代に地学で習った知識を引っ張り出して試行錯誤。最初はどの物質をどう使えばいいのかよく分からず難しかったですが、適当にいろいろ試しているうちにコツが掴めてきました。
ヴィジュアルがとても綺麗で、宇宙の神秘が表現されているところが魅力です。
Screenshot_2015-09-14-12-43-16
Cloud(雲)を使うと一気に宇宙っぽさが出る気がします。

Screenshot_2015-09-14-12-38-05
Meteor(隕石)を衝突させると惑星は破壊され粒子が四方八方に飛び散ります。最後に全てを破壊してしまうのも美しく、面白いかもしれません。
物質の組み合わせは自由自在で、やりこむほど新しい発見があります。
セーブもできるようになっているので、あなただけの宇宙を創ってみてはいかがでしょうか?

▼参考リンク
無料ゲームサイト「DAN-BALL」

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

地球エディター

配信元:DAN-BALL

Android価格:無料

  • バージョン Android:1.0.0

Androidアプリのアクセス内容

画像/メディア/ファイル
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
USB ストレージのコンテンツの読み取り
その他
ネットワークへのフルアクセス
ネットワーク接続の表示

※記事内の情報はすべてレビュー時(2015年09月17日)の情報です。

PageTopへ