アイキャッチ画像

一筆書き×ランニングゲーム『黒マギ-黒猫の魔法使いマギの冒険』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年8月24日]

Screenshot_2015-08-18-16-41-50嘘か本当かはわかりませんが、黒猫に横切られると不吉なことが起こるという迷信がありますよね。 
でも『黒マギ』に出てくる黒猫は、可愛いんです。しかも幸か不幸かあなたをゲームという終わりなき沼に引きずり込むのです。

この記号、なんだっけ?

『黒マギ』はスマホの画面に一筆書きをすることで進行します。
黒猫が乗っているブロックの次に表示された記号を画面に書くだけ。記号を書くとキラキラとお星様が散るというエフェクトも気が利いています。
「―」や「|」の単純な記号から「Ω」や「√」といったちょっと書きにくいものまでいろいろな記号が出てきます。
たまにブロックの上にダイヤモンドがあるのでできるだけ獲得しておくと、そのあとに出てくる記号が簡単になって進みやすいようです。
Screenshot_2015-08-18-15-55-01Screenshot_2015-08-18-16-41-50

なめてかかると即ゲームオーバー

Screenshot_2015-08-18-15-34-40一筆書きの単純さと障害物の複雑さを組み合わせたランニングゲームのようです。

様々な障害物があるんです。

  1. 1.ブロックから突き出た4つの矢が黒猫を押し出して、奈落の底へと落とす(さようなら~)
  2. 2.同じブロックに乗っていると崩れてきます。黒猫も一緒に落ちてゲームオーバー
  3. 3.怖い目のぬりかべのような障害物が黒猫を押し潰す(ざ、残酷)
  4. 4.同じ黒色でもカラスが頭突き

これらが矢継ぎ早にやってくるのでかなり忙しくなってきます。

待ち合わせまでの少しの時間や、電車の中でサクッとできる暇つぶしにオススメのアプリです。
カラスが来たりして、真剣に「ここぞ!」と描いたときに限って、読み取ってもらえなかったり(焦)。でも不思議と遊んでしまう魅力が『黒マギ』にはあります。

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

黒マギ-黒猫の魔法使いマギの冒険-ハマるアドベンチャーゲーム

配信元:more-g

Android価格:無料

  • バージョン Android:1.2

Androidアプリのアクセス内容

アプリ内購入
端末とアプリの履歴
実行中のアプリの取得
画像/メディア/ファイル
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
USB ストレージのコンテンツの読み取り
その他
インターネットからデータを受信する
ネットワークへのフルアクセス
ネットワーク接続の表示
バイブレーションの制御
音声設定の変更
画面ロックの無効化
端末のスリープの無効化
他のアプリの上に重ねて表示

※記事内の情報はすべてレビュー時(2015年08月24日)の情報です。

PageTopへ