アイキャッチ画像

Googleの招待制メールアプリ『Inbox by Gmail』が一般公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年6月25日]

 2014年10月23日にリリースされ、招待状がなければ使えない招待制メールアプリとして提供されていた『Inbox by Gmail』が、2015年5月28日に一般公開されました。大量に届いて散らかりがちなメールを自動的に分類し、重要な情報をハイライトしてくれます。

Screenshot_2015-06-25-18-49-13
 実際にインストールしてみた際の画面がこちらです。ここに挙がっているカテゴリが自動で分類されます。特に「ショッピング」にAmazonや楽天等の購入履歴・配送状況がまとまるのは非常に便利です。

Screenshot_2015-06-25-18-55-14
 また、特徴的なのは「リマインダ」という機能です。Inboxはメーラーアプリですが、受信トレイの最上部にToDoリストを固定表示できます。筆者もToDo管理専用アプリをインストールしたことがありますが、面倒になって起動しなくなりました。Inboxならメールのついでにチェックできるので、便利かもしれません。

 「要するにこのアプリ、なんなの? どういう機能なの?」という疑問が出てきがちなこのInboxですが、重要なのは機能というより「各メールの重要度を判定するアルゴリズムの信頼性」だと思います。実際にインストールしてみて、同一アカウントでのGmailでの表示とInboxでの表示を見比べ、Inboxチームの作ったアルゴリズムが信頼できるか、自分にとって使いやすいかを試してみるのが一番なのではないでしょうか。

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

Inbox by Gmail

配信元:Google Inc.

Android価格:無料

Androidアプリのアクセス内容

ID
アカウントの追加と削除
この端末上のアカウントの検索
連絡先
連絡先の読み取り
位置情報
おおよその位置情報(ネットワーク基地局)
正確な位置情報(GPS とネットワーク基地局)
画像/メディア/ファイル
USB ストレージのコンテンツの読み取り
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
その他
インターネットからデータを受信する
登録したフィードの読み取り
通知なしでファイルをダウンロードする
登録したフィードの書き込み
他のアプリの上に重ねて表示
この端末上のアカウントの使用
同期設定の読み取り
ネットワーク接続の表示
ネットワークへのフルアクセス
同期の ON/OFF の切り替え
ショートカットのインストール
バイブレーションの制御
端末のスリープの無効化
起動時の実行
Google サービス設定の読み取り

※記事内の情報はすべてレビュー時(2015年06月25日)の情報です。

PageTopへ