アイキャッチ画像

mixiが買収! チケット売買サービス『チケットキャンプ』が熱い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年3月19日]

 2015年3月19日、mixiが『チケットキャンプ』を運営する株式会社フンザの全株式を115億円で取得することを発表しました。『チケットキャンプ』は2013年4月にサービス開始し、2014年12月には流通総額約8億円に達した、国内最大級のチケットフリマサービス。スマートフォンからのアクセスが80%超だそうです。さっそく、2015年3月16日にフルリニューアルしたばかりのAndroidアプリを使ってみました。
TicketCamp

公演日当日のチケットも出品・購入できる

Screenshot_2015-03-19-16-08-07 Screenshot_2015-03-19-16-31-22
 チケットは公演日当日のチケットも出品が可能です。希望条件に合うチケットをプッシュ通知で教えてくれる機能もあり、出品から最速20秒で取引成立するケースもあるのだとか。昼休みのうちに仕事が終わったあとの予定を決める、なんてことも可能になりそうですね。また、チケットが出品される理由には「友達が急に来られなくなったため」といったものが多く、直前のためチケットは会場で手渡しになります。チケットキャンプでは「マキシマム ザ ホルモン」「三代目 J Soul Brothers」「東方神起」などのチケットが人気の様子。チケットの取引をきっかけに、同じ趣味を持つ友達が出来る可能性もあるのではないでしょうか。

詐欺防止の仕組みが充実

Screenshot_2015-03-19-15-21-35 Screenshot_2015-03-19-16-15-16
 個人間取引において心配なのはやはり詐欺ではないでしょうか。チケットキャンプでは、SMSを用いたモバイル認証や、運転免許証・健康保険証・パスポートのいずれかを撮影して運営に送付することで行う本人確認など、取引の信頼性を向上する仕組みがあります。
 また、チケットが届くまでチケット代金を運営が預かる「あんしん決済」や、購入したチケットが偽造だった場合に運営がチケット代金を補償する「あんしん補償」といったサービスもあります。

 チケットのやり取りはmixiのコミュニティでも行われていましたが、専用の機能があることでより便利・安全になります。この度の買収によってチケットキャンプはmixiコミュニティとの連携が開始され、アプリの開発力も強化されるそうです。今回Androidアプリを使ってみましたが、アプリから連絡先の登録ができずブラウザを開いたり、アプリから売上管理に行けないためブラウザを開いたり……といったことがありました。スマートフォンからのアクセスが80%超のチケットキャンプですが、その中の約8割はスマートフォンブラウザからのアクセスというのが現状だそう。mixiの開発力が加わることでより強力なネイティブアプリが提供されるようになり、更なるシェアの伸びに期待ができるのではないでしょうか。

ミクシィ、チケットフリマサービスを運営する株式会社フンザの全株式を取得
「チケットキャンプ」iPhone向けアプリの提供を開始
「チケットキャンプ」Androidアプリをフルリニューアル

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

チケットキャンプ

配信元:Hunza, Inc.

Androidアプリのアクセス内容

端末とアプリの履歴
実行中のアプリの取得
ID
この端末上のアカウントの検索
画像/メディア/ファイル
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
USB ストレージのコンテンツの読み取り
Wi-Fi 接続情報
Wi-Fi 接続の表示
その他
インターネットからデータを受信する
ネットワークへのフルアクセス
端末のスリープの無効化
ネットワーク接続の表示

※記事内の情報はすべてレビュー時(2015年03月19日)の情報です。

タグ:
PageTopへ