アイキャッチ画像

ちょゲつくからの挑戦状!『絶対フォント感』でフォントを判別せよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年3月17日]

ss005
ss001皆さんは「フォント」を意識することってありますか? 普通に生活していれば、おそらく滅多にないと思います。せいぜい、「ドンキホーテのPOPって徹底してるなぁ」とか「町内会の人が作った催し物のお知らせペーパー、ダサすぎてヤバい」とかその程度ではないでしょうか。なぜ意識しないのか。それはデザイナーが見る人の心にすんなり入り込むフォントを日々研究しているからだと思います。

逆に(デザイナー以外で)フォントを意識して過ごしている方もいらっしゃるでしょう。純粋にフォントが好きな方(高じてフェチの域に達している方)、アプリに使えるフォントを探している方、同人誌を作っている方……色々目的はあると思いますが、フォントの世界は実はとても深く広く、極めることはなかなか難しいと思います。

今日ご紹介する『絶対フォント感』は、フォント大好きな方に是非プレイしてもらいたいアプリです。

▼関連記事
新卒パワー炸裂!?Cygames『ちょゲつく』5日間連続リリース!
エンジニアさんのハートキャッチ!?『オラコレ』でオライリーを集めてみた

間違い探しをしよう!

ss002 ss003 ss004
画面に25個表示される文字の中から、仲間はずれのフォントを探し出すゲームです。さすがに1問目はとても簡単。なにせ色からして違います(笑)『DFPロマン雪 W9』で表示された「さ」をタップすると正解です。

ss005 ss006 ss007
レベルが上がるにつれて難しくなってきます。世の中似ているフォントが多いのですね。頑張りましょう。しかし9問目にしてあえなくタップミス……。記録が途切れてしまいました。すぐさまリベンジしたいところなのですが、編集部の端末を借りている身なので(笑)近日リリース予定のiOS版に再挑戦したいと思います。

ss011 ss012
どうしてもわからない場合はしばらく放置しておくとヒントを見ることができます。

フォントを記憶しよう!

フォント初心者におすすめなのが「覚えて当てて」モードです。
ss008 ss009 ss010
最初に表示される文字列を見て、フォント(文字の特徴)を記憶しましょう。記憶できたら「おぼえた!」ボタンをタップしてください。するとフォントが3択で表示されます。覚えたものと同じフォントをタップすれば正解です。

ss013 ss014 ss015
ステージが進むにつれてだんだん難しくなってくるのは、「間違い探し」と同じです。この場合は、当てるべきフォントが「DFP顔楷書 W9」です。「W」というのはフォントの太さを表しています。「W9」ということはおそらく「DFP顔楷書」シリーズの中では太い方でしょう……という推測から一番太いものを選んで正解しました。

記憶だけで当てるのが難しいときは、フォント名に注目してみるのも良いと思います。W以外にもいろいろ記号はありますが、太さに関していえば数字が大きい方が太いフォントと考えれば大丈夫です。

フォントうんちくクイズに挑戦しよう!

フォントマニアに是非挑戦していただきたいのが、「マニアック」モードです。
ss017 ss016 ss018
フォントに関する問題が4択で出題されます。5問連続で出題される中、何問正解できるかを競います。1問目は『フォント「マティス」を用いたアニメで有名なのは?」でした。マティスが何かはわかりませんでしたが(笑)「新世紀エヴァンゲリオン」「四畳半神話大系」「銀魂」「のだめカンタービレ」の中で、フォントが話題になったのはエヴァだけだったので、正解です。マティスは、『第壱話 使途、襲来』(サブタイトル)などで使われているあの有名な明朝体のことだそうです。

さてさていかがでしたでしょうか? 個人的には、ちょゲつく製のゲームでは、『オライリーコレクション』と同じかそれ以上に好きです。特別フォントにこだわりがあるわけではなく、むしろ「どれも一緒に見える」派なのですが(たいてい小塚明朝かメイリオしか使いません。有料フォントも幾つか持っているのですが、滅多に使いません……)これを機に少しはこだわってみたいと思います。

▼関連リンク
絶対フォント感 公式サイト
ちょゲつく
株式会社Cygames
アイドルマスターシンデレラガールズ

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

絶対フォント感

配信元:Cygames, Inc.

Android価格:無料

Androidアプリのアクセス内容

画像/メディア/ファイル
USBストレージのコンテンツの変更または削除
USBストレージのコンテンツの読み取り
マイク
録音
端末IDと通話情報
端末のステータスとIDの読みとり
その他
ネットワーク接続の表示
ネットワークへのフルアクセス

※記事内の情報はすべてレビュー時(2015年03月17日)の情報です。

PageTopへ