eyecatch

眼精疲労や睡眠障害の原因?話題の「ブルーライト」をカットする無料Androidアプリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年10月24日]


 パソコンやスマートフォンなどの画面から出ており、眼精疲労や睡眠障害の原因になるのではないかとされている「ブルーライト」。これをカットする専用の眼鏡も2,900~5,900円といった価格帯で発売されており、最近話題です。

 

 しかしこの「ブルーライト」をカットしてくれる無料のスマホアプリがリリースされているんです。

ブルーライトスクリーンフィルター


 フィルターをONにすると、右図のように茶色の半透明レイヤーが上掛けされます。レイヤーの透明度はゲージで調整できるので読みやすいレベルを設定できます。
 フィルターをかける時間は「常に」か「カスタム」という選択肢があり、カスタムを選ぶと任意の時間帯のみ自動でフィルターをかけられます。睡眠への影響が気になる方は、寝る前の時間帯に設定しておくと便利そうです。
 通知バーにアイコンを常時表示するか、フィルターONの時だけ表示するかを選ぶことも可能です。ステータスバーのみフィルターをかけない設定も出来ます。

Androidダウンロード

BlueLightProtect

 こちらも半透明レイヤーの上掛けです。『ブルーライトスクリーンフィルター』のような時間帯指定は出来ませんが、フィルターをかけている時もアイコンが通知バーに出ない設定、自動的に起動するかどうかの設定などが出来ます。使用期限なく無料で使える、広告なしのドネーション(寄付)ウェアです。

Androidダウンロード

▼関連記事
【無料】プライバシー保護アプリ「のぞき見防止フィルター」徹底レビュー

コメントは受け付けていません。

PageTopへ