アイキャッチ画像

地球を舞台に画家になれ!『みんなで地球にお絵描き-WorldDraw』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2015年1月27日]

『みんなで地球にお絵描き』では、リアルタイムでネット上のいろんな人とお絵描きを楽しめるアプリです。

さぁここで一言言わせてください。筆者はあまり絵が得意ではないです。(決まった)
でも考えたんです。絵を書くのが苦手でも、ゲーム感覚で書いてみれば楽しいのではないか、と。そんなわけで今回は「絵が下手な私が、果たしてお絵かきアプリを楽しめるのか」というタイトルの物語を書いていこうと思います。しばしお付き合いを。

リアルタイムで一緒にお絵描きが楽しめる

第一章「~はじまりのとき~」
最初の画面にはこのように世界を選択する場面が出てきます。世界=キャンバスと考えてもらって大丈夫です。まずは日本を開いてみることに。ふむふむ。 地球を拡大して絵を描く。操作はこれだけのよう。

今の日本はこんな感じ。中央にどーんとわけのわからないキャラクター・ヘビの体を持つキリン(ちょっとうまい)・りんごの木などなど。

   
ちょっと拡大してみると、そこには日本列島をつなぐヘビが。もしもヘビが舌を引っ込めたら渡れなくない?と真面目に考えてしまいましたが、そんなことはどうでもいい。
この拡大機能が結構大切で、拡大をしないと絵をかくことができません。

第二章「~いざ、戦いへ~」
準備をろくにすることもなく、さっそく書き始めてみました。
なんとなーくウサギを、なんとなーく海に。

え、ちょっとうまく書けたんじゃない、これ!とテンションの上がる私。どうですか。ウサギ。でもなんで夏に雪山に出そうな真っ白いウサギを書いてしまったのでしょうか…

第三章「~仲間との共同作業~」
このアプリは人の書いた作品にも自由に書き足したり消したりすることができます。
ということで次に私が注目したのはりんごの木。

りんごの木を拡大して、りんごに使われている配色を確認。ふむふむ。そして完成したのがこちらの作品。りんごを落としてみました。ただの赤ではなくマネして黒などを混ぜてみたところがポイントです。それっぽく見える…!と、まぁこのように人の作品に書き足しちゃう、なんてこともできます!
(※ただし、人の作品を消すことやいたずらすることもできてしまうので、きちんとマナーを守って使いましょう。)

きれいな絵を書く方法

物語は終盤へと向かいます。
第四章「~新たな機能との出会い~」
さて、ではここでみんな大好きフリフリくんを書こう!と、思ったところ、ここで筆者あることに気がつきます。
こ、これ、拡大するとマス目が出る…!(気づくのが遅い)」
なるほどマス目を使うことできれいなドット絵が書けるのですね!ということで…

  

おー!なんということでしょう!絵の不得意な私でもきれいなフリフリ君が書けました!

最終章「~絵の下手な筆者が気づいたこと~」
時間帯が悪かったのか、思っていたほどには遊びに来てくれる人がいませんでしたが、ときどき絵を書き残していったり、消していったりと、誰かと同じキャンバスをつくり上げていく感じが楽しかったです。ん?楽しい…?お!私、苦手な絵を楽しいと思いました!今!
絵が苦手というあなたも、ネット上でならばうまく書けるかもしれませんよ!
こうしてこの物語は無事、幕を閉じたのでした。

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

みんなで地球にお絵描き -WorldDraw-

配信元:daisuke uehara

  • バージョン Android:1.02 / iOS:1.0.2

Androidアプリのアクセス内容

画像/メディア/ファイル
・USBストレージのコンテンツの変更または削除
・保護されたストレージへのアクセスのテスト
その他
・ネットワークへのアクセス
・ネットワーク接続の表示

※記事内の情報はすべてレビュー時(2015年01月27日)の情報です。

コメントは受け付けていません。

PageTopへ