filii_logo

どんな単語を検知できる?ネット上のトラブルから子どもを守る『Filii』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年7月07日]

 エースチャイルド株式会社が開発する『Filii(フィリー)』は、ネット上のいじめや出会い系のトラブル、犯罪、個人情報漏洩といった危険から子どもを守ることができるセキュリティサービスだ。

 Filiiでは、子どものスマートフォンの利用データを取得し分析することで、保護者が問題を早期に発見するための、情報の要約と集約、状況の見える化を実現する。また、これらを親子で共有することで、セキュリティの危険を認識し、意識を高めることができるだろう。

IT系は苦手という親御さんにも配慮されている

子どものネットトラブルも早期発見が大事だ

 今回、これまでのFacebook、Twitterに加えて、LINE、カカオトーク、commといったコミュニケーションアプリにも対応した『Filii』について、エースチャイルド株式会社の代表取締役CEO 西谷 雅史(にしたに まさし)氏(以下敬称略)にお話を聞くことができた。

使いながらも安全を確保するFilii

Filiiの名前の由来は何ですか?
西谷 ラテン語で「子供たち」のことです。英語で言えばChildrenです。

検知できる単語は現在2万語ですが、具体的にはどういった単語なのでしょうか?
西谷 単語数が多いので、いじめ関連辞書単語や犯罪関連辞書単語というようにカテゴリーを設けています。
 いじめ関連辞書単語では、氏ね(死ねの隠語)、うざい、カス、キモい、バカ、クズ、スルー、チビ、KS(既読スルー=LINEでメッセージを読みながら返答をしないこと)、ブチる(無視することを指す若者・ギャル言葉)、ぼっち(一人ぼっち・友人がいなさそうの意のネットスラング)などです。
 犯罪関連辞書単語では、犯す、ゴム(コンドーム)、サセ子(誰にでも簡単に肉体関係を許してしまう性的にふしだらな女性)、応援(援助交際の隠語)、円光(援助交際の隠語)、サポ(援助交際の隠語)、炉利(ロリコンのこと)、ストロベリーフィールド(幻覚剤LSDの隠語)、オフ交換(違法コピーしたゲームなどを直接会って交換する事)などです。

大人になじみのない言葉も、アラートが出ることで見逃さずに済む

現在Android版をリリースされていますが、iOS版の予定はありますか?
西谷 Androidとは仕組みが異なる部分が多く、検証を進めている段階です。ユーザ様のニーズがとても多いと我々も認識しております。発表時期は未定ですが、なんとか対応したいと考えております。

Filiiは現在、無料で使用できますが、β版以降は有料メニューをお考えですか?
西谷 単純に有料化するのではなく、有料プランの追加を考えています。また、企業や学校、自治体と協力することで、できるだけ家庭の負担が少なくて済むような提供方法を模索しております。

LINEとの協力関係はありますか?
西谷 今のところありません。どこかで協力できればと思っています。

今後の展開についてお聞かせください。
西谷 「端末へのプリインストール」はぜひどこかで実現したいと考えています。これまでにあったサービスは「使わせない仕組み」です。それに対してFiliiは「使いながらも安全を確保する仕組み」という新しいもので、今後欠かせないものになると考えています。
 Filiiは、ウィルス対策やフィルタリングなどと同様に、セキュリティに関しての一般的な選択肢になることを目指しています。「端末へのプリインストール」はその点で重要な施策になるでしょう。

 Filiiは現在、無料で利用することができる。お子さんのいじめや出会い系、犯罪被害が心配という人は、登録/設定が簡単なFiliiを検討してみてはいかがだろうか?

Filii -世界とつながる時代のこどもセキュリティ-

アプリ基本情報

filii_logo

子供セキュリティFilii(フィリー)スマホやネット危険検知

配信元:A's Child

Android価格:無料

  • バージョン Android:1.0.2

Androidアプリのアクセス内容

その他
ネットワークへのフルアクセス
起動時の実行

※記事内の情報はすべてレビュー時(2014年07月07日)の情報です。

コメントは受け付けていません。

PageTopへ