GoogleCamera

撮影後に“ボケ”を調節できる『カメラ』改め『Googleカメラ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年4月17日]

 Android標準のカメラアプリが『Googleカメラ』にアップデートしました。 名前にGoogleを冠しており期待が持てそうです。Googleカメラは、Android 4.4(KitKat)以降対応ということなので、さっそく手持ちのNexus 5で試してみましたよ!

 主な機能は、カメラ、ムービーの他、Photo Sphere、レンズぼかし、パノラマ(水平/垂直)となっていますので、それぞれ使用感をお届けしていきます。

レンズぼかし

 最も嬉しいのはコレ! スマホのカメラでボケボケにできるんです。撮影後に下のスライダーでボケ味の強弱を調整できます。左から、ゼロ、真ん中、最強となっています。これはなかなか使えそうです。

Photo Sphere

 360度のパノラマが撮れるというPhoto Sphere。画面に出てくる指示に従ってシャッターを押していくだけです。

 会社の小会議室を撮影したところ。なかなかコツがいるようです…。

パノラマ

 こちらも画面の指示に従えばOK。水平または垂直方向のパノラマ写真が撮影できます。

 通路の壁を水平方向で撮影したところ。こちらは上手に撮れています。

カメラと動画

 特徴的なのは、下に大きく設けられたシャッターボタン。好みが分かれそうですが、押しやすいのは間違いありません。

 とにかくボケ写真がオススメです。積極的にスマホで撮ってみたいという気持ちになります。
 同じくAndroid標準の『写真』アプリの画像編集機能ともシームレスに連携しており、撮影はコンパクトデジカメで、編集はパソコンで、という必要がいよいよ無くなってきたと実感できます。

アプリ基本情報

GoogleCamera

Googleカメラ

配信元:Google Inc.

Android価格:無料

  • バージョン Android:2.1.037

  • 備考

    Android 4.4(KitKat)以降

Androidアプリのアクセス内容

アカウント
この端末上のアカウントの検索
アカウントの追加と削除
この端末上のアカウントの使用
Google サービス設定を読み取る
現在地
おおよその位置情報(ネットワーク基地局)
正確な位置情報(GPS とネットワーク基地局)
ネットワーク通信
ネットワーク接続の表示
Wi-Fi 接続の表示
Wi-Fi からの接続と切断
ネットワークへのフルアクセス
NFC の管理
ストレージ
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
システム ツール
登録したフィードの読み取り
登録したフィードの書き込み
システム設定の変更
保護されたストレージへのアクセスのテスト
カメラ
画像と動画の撮影
マイク
録音
ソーシャル情報
連絡先の読み取り
電池への影響
バイブレーションの制御
端末のスリープの無効化
アプリ情報
起動時の実行
同期設定
同期設定の読み取り
同期の ON/OFF の切り替え
壁紙
壁紙の設定

※記事内の情報はすべてレビュー時(2014年04月17日)の情報です。

コメントは受け付けていません。

PageTopへ