2013-12-03_18h51_13

Googleの本領発揮か? Googleがニュースをキュレーションしてくれるアプリをリリース!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年12月03日]

Googleは11月21日に『Google Play ニューススタンド』をリリースしました。
アプリはGoogleカレントを改良した次期バージョンとしています。

キュレーションされたニュース読め、かつRSSリーダーでもある

この『Google Play ニューススタンド』では何が出来るのかを簡単にまとめました。

1.エンターテイメントや政治、料理、旅行などさまざまなジャンルのニュースをアプリで読むことが出来る


読みたいジャンルを追加したり、削除することができます。

ニュースを読めば読むほど自分に合った記事を表示してくれるそうです。

2.ブックマークが簡単に使える。ブックマークしておけばアプリ内で簡単に読める

ただしアプリがサポートしているニュースサイトに限ります。日本のニュースサイトはまだブックマーク機能に対応していないようです。

3.RSSが取り込めるので、RSSリーダーとして使える


上の画像はアプリ内で目的のRSSを検索して登録したところ。

終了したGoogleリーダーの代わりにこのアプリを使うこともできそうです。

Flipboardとユーザーを取り合うことになるかも?

初めは使い方がわからない部分もありましたが慣れると使いやすくなりました。
画面上部からフリックすると更新してくれます。頻繁に更新しても新しいニュースを持ってきてくれるので楽しいです。

写真を大きく表示させるデザインが特徴的と感じました。同じく写真を大きく表示させるニュースアプリFlipboardに機能的にもデザイン的にも似ているので、ユーザーを奪い合う事になりそうな気が。

Googleの参入で日本のニュースアプリはどうなる?!

日本でユーザーに好まれているニュースキュレーションアプリといえば、GunosySmartNewsが挙げられるかと思います。

GunosyやSmartNewsはSNSアカウント等を用いて、その人が興味がありそうなニュースを選別して届けるとしていますが、自分が読んだ記事から興味がありそうな記事を選んで表示させてくれるパーソナライズ性では日々膨大なユーザーのデータを収集しているGoogleに優位性があるのでは…と思うところがあります。

現在はAndroidのみ対応していますが、iOSの対応も近いうちにありそうですね。

個人的に、iOSに対応した際にはダウンロードして使いたいアプリです。

アプリ基本情報

2013-12-03_18h51_13

Google Play ニューススタンド

配信元:Google Inc.

Android価格:無料

  • バージョン Android:3.0.0

※記事内の情報はすべてレビュー時(2013年12月03日)の情報です。

コメントは受け付けていません。

PageTopへ