music_maker_jam

8トラック仕様のAndroid向け無料Remixアプリ『Music Maker Jam』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年10月02日]


音楽作成ソフト『Music Maker MX』。ハイクオリティな音楽素材や、手軽にオケを制作できる“ソングメーカー”機能などを備えながら1万円強という買いやすい価格で人気。取り扱いは株式会社AHS。

 プロ仕様のPC向けDAWソフト『Samplitude』や、Windows向け音楽制作ソフト『Music Maker』シリーズでお馴染みのMAGIXから、Android向けの無料Remixアプリ『Music Maker Jam』がリリースされました。
 本アプリは8トラック内でプリセットループ素材を組み合わせて、構成やキー設定用のシーケンサーを使用したアレンジが行なえるもので、X/Yパッドでのフィルター機能も搭載しています。無料ながら意外にたっぷりと遊べる内容です。

無料で4つのジャンルを使用可能


 Music Maker Jamでは、ループ素材と構成データが入ったプロジェクトデータを読み込んで使用します。デフォルトではHipHopが用意されており、無料ダウンロードでDance/Electric Jazz/Rock Balladsの3つを追加することができます。有料のアドオンデータではAmbient/Chillout/Drum&Bass/Dubstep/Tech House/Technoといったクラブ系から、Metal/Reggae/Rock/RockPopといったロック系など、15種類のジャンルを利用できます。
 各データは、曲のプレビュー機能で素材内容が分かる仕様となっており、無料&有料共に1ジャンル300素材程度が利用できるのでかなりお得な内容です。

プロジェクト&ミキサーメニュー

 ジャンルデータを選択するメニュー「スタイル」から選択したプロジェクトを開くと、1コーラス程度のジングルが再生されます。メニュー「プロジェクト」ではテンポを変更できます。このテンポ機能は自動タイムストレッチ対応なのでテンポ変更の際はキーが変更されない本格的な仕様となっています。オリジナルテンポはテンポバー内に「original」を表示されています。
 画面下段にあるアイコンはパート用トラックで、8トラック仕様となっています。点灯しているアイコンは再生されているパートで、アイコンをタップすると再生/ミュートの切り替えが行なえます。
 隣にあるミキサーメニューでは、8トラックのミキサー表示となり、各トラックのボリュームを調節できます。

テンポ機能

ミキサー画面

本格的な曲が構成可能

ソング画面

エディットメニュー

 曲の構成は、メニュー「歌のパート」で行ないます。ここでは各構成に名前を付けて管理することができ、構成の移動や追加、削除は構成プロックをタップしてメニューで行ないます。

 構成内の作り方は、基本的に各トラックをオン/オフ設定するなどして1つの構成を作るのですが、構成ごとにループ素材を変更することも可能です。素材変更はメニュー「ループ」内のネーム部分を上下スワイプでセレクトでき、タップ操作では音色リストに移動できます。リスト画面内は、中央が楽器カテゴリー、右がカテゴリー内のループ素材となっており、上下スワイプで全リストを確認できます。紹介している「Dance」データでは8つの楽器カテゴリー、300種類ほどのループ素材が使用でき、さらに別ジャンルの素材も使用できます。無料で4タイトル使用できるので、1,200程度の素材が利用でき、この中にはボーカル素材も含まれているので本格的なトラックを作ることが可能です。

各トラック素材

素材ブラウザ

アレンジ機能~キーエディター、X/Yパッド

 メニュー「エディター」では、構成ごとにループサイズ設定(1/2/4/8小節)が行なえるほか、1拍単位(2拍、1小節設定可)でキーを指定して、全体のフレーズを変更することが可能です。キーは7種類あり、ドラムやパーカッション素材以外のメロディ系素材のみに適用できる仕組みとなっています。この機能とは別に、メニュー「和音」では全体の基本キーを7種類から設定できます。

アレンジ用シーケンサー

キー設定

X/Yパッド(フィルターエフェクト)

 メニュー「効果」は、シンセフィルターエフェクトのX/Yパッド機能で、画面中央がデフォルト、「低」がローパスフィルター、「高」がハイパスフィルター、上下がスウィープ(レゾナンス)という設定になっています。「傾ける」は、オンにすると端末の傾き操作でフィルターをコントロールできます。

プレイをそのままレコーディング

 メニューの「録音」ボタンを押すと、そのままレコーディングできます。普通のオーディオレコーダー(ogg形式)なので、各トラックをミュート、ボリューム操作したり、X/Yパッドプレイ、キー変更、アレンジブロック変更などをそのまま録音できます。このほか、プロジェクト保存は、メニュー「保存する」でネームを付けて、スタートメニュー内の「プロジェクトで管理できます。

レコーディング画面

オリジナルプロジェクトの保存

Remixアプリではキモとなる素材のクオリティが高い

 無料でこれだけの素材が扱え、なおかつ簡単な操作でクオリティの高いRemixアレンジが行なえる素晴らしい内容です。音楽的な知識は無くても十分楽しめるのでぜひ一度お試しください。

Music Maker

アプリ基本情報

music_maker_jam

Music Maker Jam

配信元:MAGIX Audio GmbH

Android価格:無料

  • バージョン Android:1.0.2.5

Androidアプリのアクセス内容

ネットワーク通信
ネットワークへのフルアクセス
ネットワーク接続の表示
Wi-Fi 接続の表示
Google Play ライセンスの確認
ストレージ
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
システム ツール
保護されたストレージへのアクセスのテスト
ショートカットのインストール
電池への影響
端末のスリープの無効化

※記事内の情報はすべてレビュー時(2013年10月02日)の情報です。

コメントは受け付けていません。

PageTopへ