スクリーンショット 2013-08-21 13.34.23

データ化精度99.98%!無料の家計簿アプリ『Dr.wallet』…秘密は手入力にアリ??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年8月21日]

筑波大学発のベンチャー企業『Beatail』が新たに家計簿アプリを開発・リリースしたとの情報を得たため、さっそく調査することに…

リリースされたアプリの名前は『Dr.wallet』
…Drには医者、博士という意味がありますが、アイコンを見ると財布のお医者さんといったところでしょうか?
家計簿アプリということでレシートをスマートフォンのカメラで撮影し、それをデータ化するアプリということでさっそく使ってみることに(、◔ω◔)、ドキドキ

レシートを撮影するだけでOK

まずはWebで登録します。メールアドレスの入力とパスワードを決めるだけの簡単な会員登録です。

このように収支が表示されます。

スマートフォンのカメラでレシートを撮影することでデータ化。

予算を設定したりできるので、差を計算しやすいですね!

※データ化だけでなく、自分で入力することも可能です。

こういったところはインターフェースの綺麗な普通の家計簿アプリですね。

自動データ入力なのに手入力!?

この『Dr.wallet』は、驚くべきことにデータを“人力”でデータ入力をするということらしいです…

( ゚д゚) ・・・

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚) ・・・

(つд⊂)ゴシゴシゴシ
_, ._
(;゚ Д゚) 人力?!

公式等で調査したところ、”データ入力部隊”なるものがあり、カメラで撮ったレシートの画像を同期したあとはレシート画像を見て入力部隊が”手入力”するという仕組みらしいです。
家計簿アプリといえば最近では”OCR(文字認識技術)”が主流だったために、手入力というのはかなり驚かされました。

尚、手入力のためかデータ化にはかなりの時間を要するようです。

(上記の時間から約3時間たっているのだが未だにデータ化中のままである…)

————————
2013/08/22追記:
この記事を見てくれたベアテイルCEOの黒崎氏よりご丁寧にお礼のメールを頂きました!APPREVIEW前身のスマート中目黒の頃から当サイトをチェックしてくださっていたようで、嬉しいですありがとうございます!
記事中のデータ化までの時間に関して、追加情報も頂いております。
「データ化までの時間に関しまして、ご不便おかけいたしました。
昨日の平均データ化時間は216分でした。一昨日は18分だったのですが、ユーザーの急増によりデータ化が遅くなってしまいました。
現在は通常のスピードへ戻っております。」

注目の新作アプリということで、みんな一斉に使い始めたのが原因だったんですね。
人力でのリソースコントロールなので大変そうですが、頑張って欲しいです。
————————

広告が見当たらないが…マネタイズはどうしてるの?

広告や有料の課金システムがないため、一体どのように収益を上げているのか気になったためどのようなマネタイズを行っているのか調査したところ、データ化優先権、データのエクスポート(出力)などの一部の機能を有料化した、プレミアムサービスを提供する可能性、クーポン提案を行う法人への課金などを検討しているということでした。

気になるプライバシー

こういったアプリにおいてまず気になるのはプライバシーの問題です。
レシートを見られるということは、その人の性別、年齢、住所、生活区域、生活スタイルといった個人情報を見られるということに他なりません。
いったいどのようにユーザーのプライバシーを管理しているのか…
調べによると、Amazonのセキュリティで暗号化している他、個人情報へアクセスできる従業者等を制限し、指導・教育や、機密保持契約の締結などで個人情報を守っているとのことです。
公式ページのよくある質問コーナーに記載されていたのですが、Pマーク(プライバシーマーク)を取得していないということで、そういった部分もユーザーの個人情報の管理への懸念材料となっているようです。
※プライバシーマーク制度とは、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。

ユーザーの声

 

 

 

 

リリースしてからはフィードバックを受けどんどん改良しているようで、まだまだ改良の余地がありそうですね。
今後はプライバシー管理の点でいかにユーザーの懸念を払拭していけるかが重要となってくるかもしれません。
このアプリをGooglePlayで見た時に一番印象的だったのが、レビューの欄です。

見ていただければわかるように、レビューのひとつひとつにアプリを提供している『Beatail』さんが回答しているのです!
中にはCEOである黒崎さんの名前も見られるので、CEO自ら回答しているということには非常に驚かされました。
この『Dr.wallet』が数ある家計簿アプリの中でどのような立ち位置に立っていくのか期待したいですね。

参考サイト:
Dr.Wallet公式
プライバシーマーク制度
TechCrunch

アプリ基本情報

スクリーンショット 2013-08-21 13.34.23

Dr.wallet

配信元:BearTail

Android価格:無料

  • バージョン Android:2.0.3

Androidアプリのアクセス内容

ネットワーク通信
ネットワークへのフルアクセス
ネットワーク接続の表示
ストレージ
USBストレージのコンテンツの変更または削除
カメラ
画像と動画の撮影
システムツール
保護されたストレージへのアクセスのテスト
電池への影響
バイブレーションの制御

※記事内の情報はすべてレビュー時(2013年08月21日)の情報です。

コメントは受け付けていません。

タグ:
PageTopへ