unnamed

火星の地下で植物を芽吹かせ、生態調査!行き着く先には…?『Waking Mars』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年6月02日]


『Waking Mars』は見た目もリアルで、内容も硬派なアクションアドベンチャーです。火星探索チームの一員だった主人公・Liangは事故により1人地底に閉じ込められてしまいます。オペレーターのAmani、コンピューターのARTの通信を頼りに、火星の生態系を調査しながら地下脱出を試みる…という本格的なSFストーリーです。

操作は簡単で、進みたい方向を長押しすることで主人公が移動します。左右はもちろん、宇宙服に装備されたジェットパックで空中も移動することもできます。高いところから安全に降下するためにも使えます。ジェットパックにはバッテリーなどの使用制限がないため、あちこち移動できるのが嬉しいところです。

主人公の主な行動は、火星に生息する植物の種子を手に入れて、フィールド上の草が生えたポイントへ植えていくことです。植物を芽吹かせていくと、他の植物や生き物も動き出していき、画面右上に表示される「BIOMASS」の数値が上がっていきます。この数値が一定に達すると、植物により閉ざされていた道が開かれて、先に進むことができるようになります。
植物には、主人公の体力を回復するものや、植物を更に活性化させる水の玉を放出するものなど、さまざまな種類が存在します。中には主人公を攻撃してくる危険な植物もいるので、どのような特性を持つ植物なのかを調べ、利用していきます。左上に表示されたライフゲージがゼロになってしまうとゲームオーバーです。

グラフィックがかなり硬派な雰囲気なので、ライトユーザーはとっつきにくいかと思いますが…ぜひプレイしてみて頂きたい! すごく面白いです!! 植物を芽吹かせるだけでなく、生き物を増殖させたり、増殖させた生き物を植物に捕食させて種子を手に入れたり…できる行動はシンプルですが、いろいろと工夫してBIOMASSをあげていくのが楽しいです。ウネウネ動く植物やカサカサ歩き回る生き物はちょっと気持ち悪いですが(笑)。

謎解きアドベンチャーや脱出ゲームが好きな人はきっとはまりますよ。ストーリーの詳細も楽しみたい人は、ちゃんと英語を勉強して挑むしか!

主人公Liangが、オペレーターのAmani達と協力しながら脱出を試みる。


植物を植えてBIOMASSを上げていこう。


地下には四角い岩が連なったような地形も。

アプリ基本情報

unnamed

Waking Mars

配信元:Tiger Style Games

Android価格:429円 / iOS価格:450円

  • バージョン Android:2.0.2 / iOS:2.0

※記事内の情報はすべてレビュー時(2013年06月02日)の情報です。

コメントは受け付けていません。

PageTopへ