アイキャッチ画像

ランキング付き! 安全性で選ぶAndroidホームアプリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年3月18日]

 iPhoneには無い、Androidユーザーならではの楽しみ(そして迷い)・・・それはホームアプリ!

 みなさんがホームアプリを選ぶ時の基準は何でしょう? 動作の軽さ、デザイン、OSバージョンといったあたりが多そうですが、普通に使う上では機能的な差が無くなってきているのが現状です。

 そんな中、AppReviewでは、ズバリ“安全性”を選択基準に加えることをご提案します。現実に個人情報が流出した「The Movie」事件は記憶に新しく、ネットワークセキュリティへの注目度は日に日に高くなっています。

 今回は、“無料”という条件でホームアプリをいくつかピックアップ。それらを使用するにあたって、ホームアプリが端末へアクセスを要求する“セキュリティ上の脅威となる権限”を比較してみます。

 「Androidスマホの基幹となるホームアプリであれば、これくらいは当たり前だろう」と、無意識に納得していた筆者も目からウロコが剥がれ落ちましたよ!

エントリーは19種類

 今回も、Skype、LINE、Viber等の通話アプリを比較した際と同じく、PC用のフリーソフト『Rekisa』に、Google playの各アプリページにある「アクセス許可」タブから全文コピペしたテキストファイルを読み込ませてみました。

 左から、ADW.LauncherApex LauncherAtom LauncherFinal Launcher
FTL Launcher LiteGo Launcher EXHolo LauncherLauncher 7Launcher 8LauncherProLightning LauncherMXHome LauncherNemus LauncherNetFront Life ScreenNova LauncherRegina 3D Launcher ProSimple Home (Lite)Smart LauncherZeam Launcherとなっています。


 いかがでしょうか? 同じホームアプリでもこれだけの違いがあることに驚きませんか?

 エントリー数が多かったので、下記にランキングもご用意しておきます。

“セキュリティ上の脅威となる権限”ランキング


 “セキュリティ上の脅威となる権限”が、上にいくほど少なく、下にいくほど多くなります。

 特筆すべきは1位の『Lightning Launcher』に、セキュリティ上の脅威となる権限がないことです(しかもOS1.6から対応!)。

 Lightning Launcherをはじめとするインストール数的に目立たなかったアプリたちも、試してみる価値が大いにあるといえるのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

PageTopへ